世界平和記念聖堂のドローン映像

幟町教会に赴任して

幟町教会主任司祭 荻 喜代治  神父

 4月13日、4年間の米子教会での生活を終え、幟町教会に来ました。こちらに来て、早や、1か月が過ぎようとしています。日本人、フィリピン人、ベトナム人のたくさん集まっている教会です。その他に、ペルー人、ブラジル人、アメリカ人など、たくさんの国の人たちが、また、いろんな障害を持たれた方も集まっている、インターナショナルな教会です。国を超えて、みんなで協力して素晴らしい教会へと成長して行きたいと思います。
 今の所、まずはたくさんの人たちと出会い、皆さんのことを知って行きたいと、できるだけすべてのミサの終わりには、聖堂に行き、皆さんと出会っていきたいと思っています。
ミサの時だけではなく、いろんな集まりに顔を出して、皆さんと知り合いになっていきたいと思っております。
 この教会は活発に動き、いろんな活動があります。無理のない負担のない形で、皆で、楽しく進んでいきたいと思います。
 ミサの時、子供たちの姿が少ない気がします。幸い、4月から服部神父、橋本シスターを中心として、数名のリーダーが協力して新しく教会学校が始まりました。日本人と多国籍の人たちの子どもたちが楽しく集える教会学校がスタートしましたので、たくさん集まってください。中高大学生たちも侍者や集いを続けてくれています。
 青年たちもみんなに呼び掛けて5月13日には、ピザパーティを開いてくれました。マリア会、ヨゼフ会も集まりが出来ています。その他、いろんな集いがあります。
 どうか、皆が、謙虚に、相手の話に耳を傾け、協力しながらすばらしい幟町教会へと成長していきますように。よろしくお願いいたします。