世界平和記念聖堂のドローン映像

幟町教会赴任10ヵ月

幟町教会主任司祭 荻 喜代治 神父

 幟町教会に赴任して10ヵ月が過ぎようとしています。

 大きな教会で、今でもまだ全員の顔も名前も覚えることができなく、色々と失礼しています。早く皆さんの顔や名前を覚え、幟町教会の真の家族的仲間入りをしたいと思っています。
そうは言いながらも様々な活動、場所に顔を出して少しずつ教会の様子が分かってきたような気がしています。教会の中には、様々な活動があります。ただ、一部の人が多くの役目を引き受けて、パンクしそうな状態で動いているような気もします。小さな手助けでいいのですので、皆さんの力を、お借りできたら、もっと楽しく、温かい、いきいきとした教会へと発展していくことと思います。

 現代社会は、少子高齢化の時代といわれています。教会も、例外ではありません。そうはいうものの、クリスマス24日の18時、20時、25日0時、10時、19時ミサにはたくさんの大人、子どもたちが集まりました。子ども、青年もいないわけではありません。いろんな企画をしながら、大人も青年も子どもも楽しく集える教会を今年も作り上げていきたいと思います。

 今年11月の後半に、フランシスコ教皇が広島にも来られる計画があります。ヨハネ・パウロ二世来広の時には、市内と周辺の教会のほとんどの信徒が準備、本番を支えて来ました。今回も皆さん全員の助けがないと実現することができません。皆さんの周りの、今は少し教会から足が遠のいている人たちにも、お互いに声をかけてください。「あなたの助けがないと、フランシスコ教皇様は、広島に来ることができません。フランシスコ教皇様に出会い、信仰の力、喜びをもらいましょう」と。